悩みの高血圧は食事調整|血圧を下げる方法で問題解決

食事

食べ物で健康になる

老人

血圧が高い人は、毎日の食事をしっかりと意識しましょう。麺類のスープを飲みすぎないように注意し、できるだけカリウムを多く含む食材を食べるようにしましょう。人間は口に入る物から心も体もできています。健康に良い食べ物を食べる事が血圧を下げるだけでなく、いろいろな病気の予防につながります。

詳細へ

こちらもおすすめ

  • 高血圧改善ガイド

    習慣を見直すことが重要になります。血圧を下げる食事についてはこちらで紹介されているので、参考にしてみませんか。

血液や血管の状態を改善

和食

高くなった血圧は、食事によって下げることができます。塩分とコレステロールの過剰摂取が原因なので、それらの排出を促すカリウムやDHAやEPAを摂取すれば、血圧は下がっていくのです。また、塩分やコレステロールの摂取を控えることも効果的です。こういった食事により、血液や血管の状態は改善されていきます。

詳細へ

日々の取り組みが必要です

介護

行動を見直します

血圧が高い人の場合、注意すべきことは、できるだけ血圧を下げるように努力を続けるということです。血管に圧力がかかりすぎている状態が長く続くと、血管が柔軟性を失って、さまざまな病気にかかりやすくなるからです。正常な状態に戻すためには、毎日の生活を改善することが大切です。まずは一週間、手帳やノートなどに、起床時間から就寝時間までの行動をメモしてみます。起きる時間や寝る時間に偏りがないかどうか、食事の内容や回数はどうか、体を動かす時間はあるかどうかなど、一度記録してみると、自分では気が付かないでいた生活習慣の乱れが見つかるかもしれません。そういったことの一つ一つを見直すことで、体の調子が整い、血圧の治療の効果も高まります。

大切な治療です

血圧が高い人の特徴として、住んでいる地域が挙げられます。東北地方や北陸地方、北関東などに住む人に、血圧が高くなる傾向があります。これは、食事の内容が関係しているといわれています。これらの地域では、食塩の摂取量が多い料理がたくさんあります。食塩を摂ると、血管の圧力が上がるため、高血圧になります。このような地域だけではなく、他の地域に住んでいたとしても、食塩の使用量が2けたである場合がほどんどです。また、血圧を下げる必要のない健康な人であっても、高血圧を予防するためには、食塩の摂取量を1日10グラム未満にすることが望ましいとされています。現在2けたあるところを1けたまで下げることは、容易ではありません。しかし、食事を見直すことで、血圧を下げることができるため、食事内容の改善に取り組むことは、大切な治療といえます。

食べることで症状改善に

病食

サイレントキラーと呼ばれることもある高血圧は、とにかく血圧を下げることが大切です。そのためには病院で処方される薬を利用するのも良いですが、生活習慣の中でも毎日の食事を工夫することで、予防や改善につながることもあります。

詳細へ