悩みの高血圧は食事調整|血圧を下げる方法で問題解決

介護

血液や血管の状態を改善

和食

カリウムとコレステロール

血液を押し流すための強い力が血管内に加わった状態が、高血圧です。放置していると、血管の破裂による脳卒中のリスクが高くなるため、血圧は正常値まで下げることが大事です。高くなりすぎている場合には、薬による治療もおこなわれますが、やや高いという程度なら、食事によって下げることが可能となっています。血圧が高くなる理由は、塩分やコレステロールを多く摂取することにあります。そのため毎日の食事で、それらの排出を促す成分を多く摂取することで、血圧は徐々に下がっていくことになるのです。具体的には、塩分はカリウムによって、コレステロールはDHAやEPAによって、排出されていきます。カリウムは葉野菜に、DHAやEPAは青魚に多く含まれているので、血圧を下げる食事では、これらの食材が積極的に使われています。

摂取しないことも大事

なぜ塩分やコレステロールによって血圧が高くなるのかというと、塩分の場合は、血液中の水分が増えるからです。塩分濃度を下げるために血液は多くの水分を取り込むようになるのですが、そうすることで流すために強い力が必要となってくるのです。そしてコレステロールの場合は、血管が狭くなることが原因となっています。エネルギーとして使いきれなかったコレステロールが血管内に付着し、それによって血管が狭められると、血液が流れにくくなります。それを無理に押し流そうとするために、血圧が上昇してしまうのです。したがって血圧を下げるためには、これらの摂取を控えることも肝心とされています。食事での摂取を控えつつ、同じく食事で排出を促すことで、血液や血管の状態が改善されていき、血圧は下がっていくのです。