悩みの高血圧は食事調整|血圧を下げる方法で問題解決

介護

食べることで症状改善に

病食

まずは塩分を控えることで

高血圧になると脳梗塞や心筋梗塞のリスクも高まりますし、他にも糖尿病や腎臓病などの合併症になる可能性も高まります。それゆえに血圧を下げることは重要ですが、病院で処方される薬に頼るよりは、やはり生活習慣での予防や改善に励んだ方が健康的です。とくに食事内容は血圧を上げることにも下げることにも関係しているため、食事を見直すことから開始しましょう。そんな食事の中でも塩分を控えることはとくに大切で、これは高血圧に悩む人の中でも比較的有名な情報でもあります。そして塩分を控えるだけでなく、積極的に摂取したい栄養素にカリウムがあります。カリウムは余分な塩分を体外に排出してくれる作用があるために天然の降圧薬と呼ばれることもあり、多く含む食材としては野菜類やきのこ類、海藻類や豆類、果物類などがあります。

カリウム摂取とともに

カリウムの摂取は血圧を下げる効果が期待できますが、他にもカルシウムやマグネシウムが不足することも悪影響を及ぼします。また、血液の流れがドロドロになることも良くありません。それゆえにカリウムに注目するだけでなく、こういった他の部分にも注目して食事に工夫を施しましょう。また食べ物だけでなく飲み物に関しても、とくに野菜ジュースやトマトジュースなどは塩分が多量に含まれるケースもあるので注意しましょう。そして食事での十分な栄養素の摂取が難しいなら、サポートとしてサプリメントなどを利用しても良いですし、食事を作るのが難しい場合は宅配健康食やスーパーなどでも売られている専用の健康食事セットなどを利用するのも良いでしょう。さらに食事だけでなく運動などもプラスすれば、セルフケアでも血圧を下げる効果が期待できます。